考察メモ

タルタリヤと沈淪ストーリーについて

わたしは沈淪のストーリーがとても好きです

沈淪の心、聖遺物自体のデザインもすごい可愛いよね!帽子とお花が特に好き初めてフィンドニール行ってお花もらった時、感動した

私はタルタリヤを沈淪遣唐使で使用してるけどやっぱり、沈淪聖遺物を身につけたタルタリヤの絵を書きたいなと思い!しかし、沈淪のストーリーはクジラとかは出てくるものの、シニョーラと火魔女みたいに、すごいマッチしてる❗️ていうのはないんですよね

なので色々考えてから書こうと思いますン〜

 

まず前提としてこれを読むべきであるので、100回読んだけれど1度も理解出来なかった

雰囲気は大好きだけどまだ理解する段階に到達していない

f:id:wvwVxxv:20211111114802j:image
f:id:wvwVxxv:20211111114805j:image
f:id:wvwVxxv:20211111114808j:image
f:id:wvwVxxv:20211111114812j:image
f:id:wvwVxxv:20211111114800j:image

https://wikiwiki.jp/gensinmemo/聖遺物/星5#i17056b0 より】

 

雰囲気的に、このストーリーの主人公は少なくともタルタリヤ本人ではない気がする

灰色の国の貴族だった男

灰色の国はフォンテーヌかなと思ったんですけどどうでしょう

フォンテーヌのリネリネット書いてあるイラストが灰色ぽかったしおそらくスチームパンク風なのではないかなと推測

すネージナヤだったら白だと思うし、タルの家は貴族では無さそうだったよね 

❓そうなると絵はこのストーリーの「男」をメインに書くべき?

❓男が描かれた絵をタルが眺めている

 

羽 

  彼が港に着いたとき、手にあったのは一本の細い剣だけだった。
それ以外に、青宝石色の小さな羽が一つ、古びたマントに飾ってあった。
その後、彼は船師と共に海を渡り、嵐、海獣そして波と戦った。
かつて青宝石の色をした羽は、真っ赤血で染められ、大海の塩気が染み込んでいた。 

 

青宝石色 タルの目 どうです!?

璃月と出てきて個人的に血が騒いだ 私は璃月が大好きだ!

北斗姐さんとかもだけど海賊っていうと璃月っていう認識があるのかな?私たちが海賊と聞いてカリブ海やイギリスを思い浮かべるように

 

 

時計

  「船隊に入った時にこの船と契約を結んだじゃないか?」
「その記憶も酒に洗われたのか?ハハハハハ!」
「忘れてなきゃいい。さあ、契約を果たす時だ。」
「ああ、それでいい。もうどうだっていいんだ…」

 

契約かーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

契約ねえーー 契約❗️契約〜!?

おとこ、璃月の人ではないけど契約.. わけわからん🎶 そんなに気にしなくていいのかなあ

契約の内容は、わかりませんね^ ^」こわい

契約の内容が分からないといえば、zhongliが女皇と交わした「全ての契約を終わらせる契約」なに?

あまりにも響きがかっこよすぎてその異常さに気づかなかったけどいや、なに?

 

  「この罪はあなたから被せられたもの、この屈辱はいつか必ず返させてもらう」
月明かりが青宝石の眼とまばゆいばかりの傷跡を照らす。
彼の記憶の中にある彼女の顔は、明るくて美しかった。
しかし彼は当時のことを忘れてしまい、悔しさだけが残った。

 

これ!すごく怖い

タルタリヤの名刺枠にも謎の少女が出てくるんよね

あの仮面は女の子にもらったものらしい 女皇かなと思ったけどなんか違いそう..

f:id:wvwVxxv:20211111170327j:image

月明かりに照らされた顔は、男と彼女、どっちの顔?青い目かー

 

いちばん不可解 何もわかりません

力強い感じがしていいな〜と漠然と思うだけ

他のとこにもあったけど夢の中でも俺らを食らいつくす獣、空鯨説ない?ないか〜ないよな

 

 

アアーーーーーーーー不可解だよお〜

 

聖遺物に関して

身につける/装備することでその能力を使えるようになる、みたいな認識でいいのかな?

聖遺物にはストーリーがあって、身につけた時にそのストーリーを追想する、みたいな感じだといいんだけど

ていうかそうだと仮定して、

「男」は絶対タルタリヤではないけれど、タルタリヤに置き換えて絵を書こうかなあ

でもな〜〜ーーーーーー

 

 

あーあ どうしてこんなことで悩んでいるんだろう まあ絵は自己満なので自分が納得できるように書くのがいちばんよな‼️‼️㊗️

困るう❓❗️